横浜市戸塚区の歯医者(戸塚駅前内藤歯科・原宿内藤歯科)

医療法人横浜歯友会内藤歯科
医療法人社団 横浜歯友会 内藤歯科

不満解決を理念とした歯医者

患者さんが歯医者に持つ不満を分析。

患者さんは歯医者の何が不満(不安)なのか?人それぞれ理由があるでしょう。当院の問診票に「もし、今までの治療で不満な点がありましたら教えてください。」と設問を設け十数年にわたり分析してまいりました。

あなたのその不満(不安)を解決します。

その不満または不安の半分は歯科技術や痛みに関するものですが、残り半分は説明などのコミューニケーションや予約状況などでした。分析してみると解決できるものがほとんどであると考えています。

治らなくても落とし所を見つけます。

確かに患者さんの希望通り治せない歯もあります。そんな場合でも経過観察をして様子をみるなど落とし所を見つけて不都合が最小限になるようにいたします。

あなたのできる範囲でいいんです。

治療が怖い方はあなたのやれる範囲でいいんです。治療費がない方も今回できる範囲でいいんです。次の治療が嫌にならない範囲でいいんです。

あなたの不満、不安を教えてください。

過去の歯科治療で不満、不安があったら初診の段階でぜひお話を聞かせてください。怖いのか、嘔吐反射なのか、しみるのか、見た目が嫌なのか、噛み合わせに納得がいかないのか、お悩みは人それぞれ。あなたのお悩みに合わせて可能な限り解決することを目標に診療いたします。

まずは歯医者さんと顔馴染みに。

顔馴染みの歯科医師、歯科衛生士となるよう歯科医師も歯科衛生士も担当制にしております。患者さんのおっしゃったことは些細なことでもカルテに記録しておき、次回以降の診療に一貫性を持たせます。

当法人は戸塚区に2つの歯科医院

戸塚駅前院(新院)

戸塚駅前院(戸塚駅東口徒歩1分)は180坪の大型歯科医院です。保険診療だけではなく一般歯科・インプラント・ホワイトニングを行っております。デジタル院内技工室やオペ室も完備。理事長の内藤は戸塚駅前院で診療を行っております。戸塚駅前院のHPはこちらをご覧ください。矯正歯科は月1回矯正を担当している歯科医師が診療をしております。

戸塚区以外の方も通院しやすくなりました。

横浜市戸塚区戸塚町13番地 ラピス3 7階
JR戸塚駅東口(橋上改札口)を出て徒歩1分です。
※提携駐車場もございます。
※電話番号:045-443-6014WEB予約も承っております。
※日曜日は月3回診療しております。戸塚駅前院の診療日カレンダーはこちら
※11/18,19は院長不在のため、代診となります。
※11/20〜24は研修のため、臨時休診とさせていただきます。
  • 2022-11
  • 2022-12

原宿内藤歯科(戸塚区)

2006年に創立したのが横浜市戸塚区原宿です。(東京の原宿ではありません。)一般歯科(虫歯や歯周病などの保険治療)保険治療中心の歯医者です。歯科医師歴20年のドクターが診療をしており、当法人では2010年から治療をしております。矯正歯科は月2回矯正を担当している歯科医師が診療をしております。

戸塚区原宿の地域密着型歯科医院を目指して

横浜市戸塚区原宿3丁目5−1 コミヤビルII 201
戸塚区原宿院は駅から徒歩圏内ではございませんので、車が便利です。
最寄駅は「戸塚駅」となります。
戸塚区原宿交差点のすぐそばにあるマクドナルドさんの上になります。
※専用駐車場がございます。こちらからご覧ください。
※電話番号:045-858-3755でご予約をお願いいたします。
※日曜日は月1回診療しております。戸塚区原宿院の診療日カレンダーはこちら
  • 2022-11-harazyuku
  • 2022-12-harazyuku

2つの歯科医院共通すること

2院ともゆっくりとお話をうかがいます。

戸塚区原宿院・戸塚駅前院と2つの歯科医院でお口の健康をサポートいたします。虫歯や歯周病の予防に力を入れております。お口の中のお悩みは当院へご相談ください。ゆっくりとお話を伺います。患者様に合った治療をご提案いたします。

ベテランドクターが診療をしています。

歯科医師歴20年以上のドクターが診療をしております。戸塚駅前は内藤理事長が、原宿院はベテランの副院長が診療しております。

予約の際はご注意を

予約をする際には、原宿院か戸塚駅前院なのかご注意ください。

戸塚区で信頼できる歯医者をお探しなら

戸塚区で歯医者をお探しなら

歯医者は近くでないと、ちょっとした治療の際に困ってしまいます。横浜市戸塚区にお住まいの方なら内藤歯科は戸塚駅前と原宿の2院があり通院に便利です。

信頼の歯科医院を目指して

信頼関係を作るのは一歩一歩積み重ねなければなりませんが、崩れるのはちょっとしたことです。説明の言葉1つで取り方が人により違いますので思わぬ誤解を生むこともあり、言葉選びにも気を遣っております。私の医院でも過去にちょっとしたことで崩れた信頼もありました。しかしそうした中で反省をし現在につなげて信頼獲得に向けて前進しているつもりです。

あなたの希望や注意点をスタッフ全員で共有しています。

通院環境や歯科治療で苦手なこと、アレルギー(薬、金属)、開口量、嘔吐反射、歯科恐怖症である、腰痛持ちなど希望や注意点は人により様々。個人カードにあなたの希望や注意点を記録し、ドクターをはじめスタッフ全員が情報を共有することにより、あなたの希望に近い歯科医院になる努力をしております。

戸塚区に根ざした信頼の歯科医院を目指して

お口の中の不満の解決を1つ1つ地道に行うことのみが信頼を得る唯一の方法です。時間の制約が許す限り精一杯手を抜かない治療とわかりやすい説明、安心できるトーンでの話し方を心がけております。

説明を大切にする歯医者

YouTubeチャンネルで歯科の情報を発信しています。

毎日の治療説明の補足として製作した動画チャンネルが月日が経ち充実して参りました。歯科治療ごとの説明をできるだけ詳細にしております。当院の患者さんだけでなく多くの方に見ていただければ幸いです。

意見は歯医者によって異なる場合があります。

このチャンネルで申し上げていることはの内藤の主観であり、歯科業界全体の総意ではない場合もあります。他院にかかっていらっしゃる患者さんは、私とかかりつけ医と意見が違うようならかかりつけ医の説明を優先してください。

コメント欄にご意見ください。

コメント欄は全てではありませんが、なるべく見るようにしております。参考になりますのでご意見いただくと嬉しいです。

横浜歯友会 理事長挨拶

詳しくは動画をご覧ください。

こんにちは。理事長の内藤です。よろしければ、ご来院お待ちしております。

日本の歯医者は健康な歯を削りすぎ

日本の歯科治療は過治療が多い

数十年前の治療を見ると過治療が多く、そのために短命に終わってしまった健康な歯が非常に多いことが残念です。歯を削る治療が保険点数になり、削らずに様子を見ることは点数にならない事情もありました。そんなことのために健康な歯が過剰に削られてしまったわけです。当院ではその反省をこれからに生かすため現在の進化した材料や治療理論により過治療を防ぐ努力をしております。

日本独自の銀歯文化が現在でも色濃く残っています。

1960年70年代の「虫歯の洪水」の時代に全盛期を迎えた、金パラという日本独自の銀歯をセットするという治療法は虫歯以上に健康な部分の歯を多く削ります。現在では健康な歯の切削量が減らせるレジン法がありますので、かなり大きくない限りこのレジン法で治療をします。

歯の神経をなるべく取らないことがとても大切です。

歯の神経をとって10年くらい経つと、歯根破折から抜歯になるケースが多いです。歯の神経を保存できるかできないかは、今後の歯の寿命を決定づける分水嶺です。当院ではMTAという薬で本来なら神経をとっていたはずの症例を救ってきた実績がございます。

ブリッジのために健康な歯を削りません。

少し前までブリッジのために健康な歯を削っている歯医者が多かったです。当院では健康な歯を削ってのブリッジには極めて消極的な考え方です。神経をとってブリッジにして歯と歯を繋げば5年くらいで、多くは10年以内に歯が割れて抜歯になってしまいます。

治療をしないことも場合によっては歯が持つことも多いです。

ケースバイケースですが、治療をしたことにより短命に終わってしまう歯も多いです。治療することにより歯の寿命を縮める可能性が高いと思われる場合には治療をしないことをおすすめいたします。

虫歯が少なくなってきた時代だからこそ説明をしっかりと。

日本全体では虫歯が少なくなってきたわけですから、説明をしている時間は十分に取れると考えています。またHPやYouTubeという新しいツールを使ってわかりにくいとされる歯科治療の情報を発信していきたいと思います。

歯医者選びは大切です

どこの歯医者にかかっても一緒ではありません。

業界では、よく勉強している歯医者は2割いないと言われています。日々、進歩している歯科治療理論を勉強している先生は2割なわけですから、歯医者選びであなたの歯の健康は大きく変わってくるはずです。

横浜市戸塚区にお住まいならお任せください。

当院では、勉強や研修に力を入れております。患者さんの歯をなるべく残して、結果として選ばれる歯科医院を作ろうという熱意に溢れております。

横浜歯友会の3つの理念

Point1
お口の不満を解決する。
お口の中の不満や不便を解決するために当院があります。
Point2
説明が先決。同意を得てから治療。
問題解決法を患者さんに提案させていただき、同意を得てから、治療をはじめます。
Point3
年をとってから自分の歯でしっかり噛めること。
その時だけ持てば良いという治療ではなく、10年後、もっと先を見据えた治療を心がけております。

器具の滅菌にこだわる歯科医院

歯を削る機械はお一人お一人滅菌しています。

数年前に歯を削る機械(タービン)を患者さんごとに滅菌している歯科医院は全体の3割程度という衝撃のニュース記事が新聞に掲載され問題になりました。当院は開業以来、タービンの滅菌は当然として現在に至っております。開封ごとに中の洗浄、油入れ、オートクレーブによる滅菌個装は必須にしております。

スタッフが自分の家族に自信をもって使用できるレベルの滅菌体制です。

歯石を取る機械(エアスケーラー)、歯面を清掃する機械(コントラ)、入れ歯を削る機械(ハンドピース)、バキュームチップ、エアフローチップなどの機械類も全て一度開封したものは必ず滅菌しております。スタッフが自分の子供に安心して使えるレベルの滅菌にするように、内藤が厳しく指導監督しております。

使い捨ての器具を多用しております。

最も清潔なものは使い捨てにすることです。紙コップや紙エプロンはもちろん歯面清掃用のブラシやフェイスタオルも使い捨てにしております。

滅菌には経費がかかりますが手を抜きません。

タービン、コントラを毎回オートクレーブの高圧高温で滅菌すると故障が多くなります。使い捨ての器具は言うに及ばず、滅菌には人手が必要ですので人件費もバカになりません。しかし手を抜くことは致しませんので、安心して治療を受けてください。

ジルコニアを院内加工できる歯科医院

院内において、ジルコニアを設計、加工まで一貫製造いたします。

金属レベルの強度を持つ白い人工歯の材料であるジルコニアを当院では院内で設計加工しております。この設備と技術は当院の大きな特徴です。

外注製造を致しません。

ジルコニア人工歯は外注で作るものではとても対応できない微妙な形態を再現できます。製造工程を担当歯科医師がチェックできるからです。これは院内加工でないとできません。

歯科技工士が患者さんの口腔内を直接見ることができる体制です。

院内技工室に、歯科技工士が常駐をしておりますので、生産者が直接患者さんの口腔内を見ることができるわけです。これは色合わせや形態設計に非常に有利です。また形態が合わなかった場合のやり直しの際も、迅速に対応できます。

ジルコンザーン社の加工機を院内にもつ戸塚区唯一の歯科

ジルコニア加工のトップリーダーであるジルコンザーン社の加工マシーンは、精度が高く、設計の自由度が高いのですが、歯科技工士にとっては習得するまで難しい機械です。当院ではそのマシーンのスペシャリストの歯科技工士が常駐しております。

あなたの理想の歯並びを追求できる歯医者

ジルコニア人工歯を製造する前に、レジン歯で試し歯を作り、使っていただくことができます。試し歯を使って患者さんに確認してからジルコニア人工歯を作るので、セットした後で「こんな歯はイメージと違う。」ということはなくなります。

歯科治療の各種案内

  • インプラント治療

    インプラント

    戸塚駅前院にて承ります。骨の豊富な方だけにおすすめしております。相談は無料でメールお電話(戸塚駅前院)でも承っております。
  • 矯正歯科

    矯正歯科

    月2回、女性の矯正担当歯科医が出張診療しております。矯正でご相談の方、矯正の診療日はお電話にてお問い合わせください。

感染症対策

歯科医院にできる感染症対策は全て取り組んでいます。

当院では新型コロナウイルスの感染症予防対策として、下記のような取り組みを行っています。
感染症予防対策
  • Check
  • マスク、グロ−ブ、ゴ−グルの着用
  • Check
  • 患者さん毎にグローブを交換
  • Check
  • 治療器具の滅菌
  • Check
  • 診療台や操作パネル等、院内の消毒液による清拭
  • Check
  • 待合室の消毒液の設置
  • Check
  • スタッフの頻繁な手洗いと手指消毒
  • Check
  • 診療室、待合室の換気
  • Check
  • 受付にパーティションを設置
現在当院では新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、感染予防対策を徹底しております。

●ご来院時には、受付に設置しております手指用アルコール消毒をご使用ください。
●患者さんも待合室では、マスクを着用ください。
●診察ごとに診察台の感染対策を行っておりますのでご入室にお時間をいただくことがございます。予めご了承ください。

院内感染を防止するため、感染症予防対策のご協力よろしくお願い致します。

PageTop