医療法人横浜歯友会内藤歯科
診療時間・カレンダー
10万円implant

自費価格 | 治療は横浜歯友会内藤歯科

自費価格

自費治療価格表

クラウン(e-max)

kura

\105,000/1歯
歯の被せ物
高強度(400MPa)・メタルフリー・半透明で大変に美しい

詳細情報

インレー(e-max)

inlay

\52,500/1歯
歯の詰め物
高強度(400MPa)・メタルフリー・半透明で大変に美しい

詳細情報

前歯部のブリッジ(e-max)

br

\105,000×歯数
1〜2本の欠損をつなぐ方法
高強度(400MPa)・メタルフリー・半透明で大変に美しい

詳細情報

臼歯部ブリッジ(ジルコニア)

zir

\105,000×本数
超高強度(1200MPa)・メタルフリー・臼歯部では十分にきれい

詳細情報

高級義歯

de

\210,000〜\367,500
いろいろな大きさの義歯をご用意しています。

詳細情報

ホワイトニング

white

\52,500/全歯
マウスピースと専用ジェルで歯の黄色い色素を安全に脱色。

詳細情報

従来の高級クラウンとの比較

omote

メタルボンド(MB)
従来の高級クラウンといえばメタルボンド(MB)といわれるクラウンで、何十年も世界中で使われ続けてきましたし、今でも使われています。MBは金属の内冠の上にセラミックスを何層に盛り足してつくる工法です。

ura

裏側から見るとメタルが見えます。口腔内にsetすると、メタルの部分は見えないので見た目にはあまり問題はありません。

metarubonndo

左図のように断面図にすると大きく分けて2層になっていることがわかります。内冠のメタルと表層のMB用セラミックスです。
MBの最大の弱点はこのMB用セラミックスの強度の弱さです。金属の硬さが1200MPa、歯(エナメル質)の硬さが350MPaに対して、MB用セラミックスの強度は80〜100MPa程度です。ですからこの部分が欠けること(チッピング)がよくおこりました。

hudedumi

左図のように、MBはセラミックスの粉を水で溶いて泥状にしたものを、歯科技工士が筆で盛って、焼いてを繰り返して色を出していきます。しかし、そもそもこのセラミックスが100MPaの強度しかありませんでしたし、それ以上の強度の白い物質で歯科的な加工ができるものがありませんでした。

tip

左図はMBのチッピングです。setから2年で3〜8%程度の確率でおこります。内冠のメタルは何ともないのですが、表層のセラミックがチッピングしているのがおわかりいただけるかと思います。
当院においてもチッピングをしたら、患者さんに謝って無料で作り直していましたが、近年では強度が400MPaのe-maxや1200MPaのジルコニアといった新しい材料がでてきましたので、いち早く導入して、現在はMBの製作は中止しています。

新素材(e-max,ジルコニア)

そこで、当院で取り入れたのが、e-maxジルコニアという新素材です。
e-maxというのはセラミックスの一種ですがMB用セラミックスの4倍、天然歯よりやや硬いという強度をもっています。単冠(1本クラウン)なら理論上欠けません。またこのe-maxは透明感があり天然歯の前歯の薄い質感によく似ていますので大変きれいで前歯の審美修復にはもってこいの素材です。しかし、奥歯のブリッジにすると割れてくる可能性があります。
ジルコニアというのは、酸化ジルコニウムという素材で、1200MPaと金属なみの強度を持っています。その硬さから人造ダイヤの異名をもっています。透明感はないので、見た目はe-maxに劣りますが、近年ではジルコニア専用の着色剤により、かなりきれいになってきました。奥歯のブリッジなどの特別に強度の必要なところに使用します。奥歯であれば特別見た目は気にならないと思います。

hyou

PageTop