歯医者さんのイメージが変わりました|横浜市戸塚区の歯医者(戸塚駅前内藤歯科・原宿内藤歯科)

医療法人横浜歯友会内藤歯科
  • voice
voice

歯医者さんのイメージが変わりました

私は今年で55歳になりますが、この歳になって歯医者さんのイメージが良い意味で大きく変わって、内藤歯科に出会えて本当に良かったと思っています。
横浜に住むようになったのは3年ほど前からで、生まれは東北の田舎で大学進学のため上京し、そのまま東京の会社に就職してからは転勤でいろいろな地域を回り、その間に複数の歯医者さんで治療を受けました。
その中で共通して言えるのは、どこも期待している以上の治療はしてもらえないということでした。特に痛みに関しては、無痛治療を謳っていてもある程度の痛みは我慢しなくてはいけませんでした。
今までの経験からそれは仕方のないことだと思っていましたが、内藤歯科を受診して、痛みに関することもその他の不安も最初の説明を受けた段階でスッキリと解消することができました。最初にこれから行う治療について素人にも分かりやすく説明してくれて、こちらが不安に思っていることを尋ねやすい環境づくりをしてもらえたことには感動すら覚えました。
私はブリッジをしていたのですが、ブリッジを選択することのデメリットについても丁寧に教えてもらえて、今後どのような治療を受けてどのように歯をケアしていけば良いかが明確になりました。
これまでは歯医者さんの言う通りにするしかないと思っていましたが、はじめて自分の意思でも今後の歯の治療法やケアの仕方を決められることが分かり、もう他の歯医者さんには行けないと思いました。
ここなら今後も安心して通えるので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。
voice

治療の前の説明をしっかり行うことが重要だと考えます

これまでの古い体質の歯医者さんでは、確かに治療を行う前も後も患者さんにきちんと説明しないことが当たり前のように行われていました。そのため、多くの方が歯医者さんは怖い場所、痛い思いをさせられる場所というイメージを持ってしまったと考えられます。
確かにいろいろな事情から、全ての歯医者さんで無痛治療を提供できるかと言えばそれは難しいと思いますが、事前にきちんと痛みについても説明をして、患者さんへの選択肢も増やすことにより、治療方法が古くても歯医者さんが怖いというイメージを軽減できたと考えられます。
一昔前よりも虫歯が少なくなってきている現在では、特に説明をしている時間は十分にとれるはずなので、歯医者さん選びをするときにはしっかりと患者さんの話を聞いてくれて、今後行う治療などの説明を丁寧にしてくれるところを選択しましょう。

PageTop