セカンドオピニオンで選んだ歯医者さんにして正解でした|横浜市戸塚区の歯医者(戸塚駅前内藤歯科・原宿内藤歯科)

医療法人横浜歯友会内藤歯科
  • voice
voice

セカンドオピニオンで選んだ歯医者さんにして正解でした

私は子供の頃から歯並びが悪く、そのせいでよくからかわれました。食べ物が詰まりやすく歯磨きもしにくかったので虫歯にもなりやすいなど歯のことでどれだけ悩んだか分かりません。社会人になる前に歯列矯正をすると決め、大学に入ってからバイトのお金を貯金してきました。
お金が貯まった頃、私が通っていた歯医者の先生に紹介された横浜の歯科に行き診断してもらうと、歯を抜いてスペースを空ける必要があると言われました。健康な歯を抜くということに抵抗があり、治療方法に賛同できなかったのですが、私の希望を言うことも出来ない感じでお話が進んだため正直気分が良くなかったです。歯科を出てから友人にLINEすると、友人のお姉さんが通っている歯科にはいい先生がいて、話がしやすいので相談してみたらと言われました。それが戸塚の駅前にある歯医者さんです。
セカンドオピニオンとして相談に伺うと、歯を抜かずに矯正治療が出来ると聞きました。こちらでは極力歯を削らず、抜かずという治療方針とのことで、先生が私の本音を聞こうとしてくださる姿勢が嬉しかったです。友人に相談してよかったと思い感謝しています。
こちらで治療を始めていますが、きれいな歯並びになる日が待ちきれません。
voice

歯を残すこと、歯の神経をなるべく取らない治療を大切にしています

数十年前の歯科治療を見ると過治療が多く、そのため短命に終わった健康な歯が大変多いという残念な事例があります。この歯科治療の反省点を今後の治療に生かすため、当院では進化した現代の治療理論や材料により過治療を防ぐよう取り組んでいます。
治療をしたことで歯の寿命を縮めてしまうことを避けるため、時には治療しない方が良い選択もありますし、健康な歯を削ったり、抜いたりすることなくできる治療法を極力探します。また、歯の神経を取り10年ぐらい経つと歯根破折から抜歯になるケースが多く、歯の神経の保存は今後の歯の寿命を決定づける分岐点となります。
当院は勉強や研修に力を入れており、患者様の歯をなるべく残し、10年後、さらにその先を見据えた治療を心掛け、結果として選ばれる歯科医院となれるよう励んでいます。そして、患者様が希望される治療を伺い、治療箇所への問題点解決法を患者様にご提案させて頂き、同意を得た上で治療を始めます。
患者様の理想の歯並びを追求できる歯医者であるよう取り組みますので、些細なことでも気になることがありましたらお伝え下さい。

PageTop